運転の負担を減らしたい

 毎日3時間以上ヘルメットをつけながらバイクに乗っていると、思っている以上に体に負担がかかっているようです。乗り終わった後は首から肩周りの筋肉が張っているのを感じます。体の負担を減らす為に今まで調べたり試してきたことを書きます。

ヘルメット

なるべく軽いもの
 できるだけ軽い方が頭や首の負担が少ないと思うので、暖かい時期は600グラム程のダックテールヘルメットを使っていました。安全性は低いですがなんといっても軽さが欲しかったのです。

デカ頭なので被ってるというより「のってる」感じ

Amazonなどで更に軽い500グラム前後のものもあったのですが、公道走行不可という文言がありました。実際の所そういったヘルメットでもまず法律違反になることはないようですが、事故の際の補償がないなど万が一のことを考えてやめておきました。

雨の時や寒くなってきてからはセミジェットのヘルメットを使ってます。重くなった分負担は増しますが、1000グラム程度なのでなんとかなりそうですし、風や雨が直接顔に当たらないのは本当に快適です。

頭の形に合うもの
 軽さだけしか考えずにいたため、最初に買ったヘルメットは頭の形が合わず、しばらくつけていると頭痛がするほどでした。頭がハチ張りなので小さめのヘルメットだとまず合いません。

極端に書くと赤線みたいな形

サイズが大きいヘルメットだと頭の形的には何とかなることが多いのですが、その分重量が増す傾向があるので悩みどころです。今使ってるセミジェットは完全に頭に合う物ではないですが、3時間程度で途中休憩を入れればそこまで辛くないという感じです。
 バイク用品専門店では購入時に内装のフィッティングをしてくれるそうなので、今使っているヘルメットがやっぱり合わねえ!となったら試してみようかと思います

姿勢関係

 とくに何も意識しないでバイクに乗っていると、The 猫背という状態になってしまいます。

頭が相当前に出てる気がします

 これではあかんということで今更ながら調べてはいるのですが、まだどういった姿勢が負担を軽減するものかよく分かってないのが現状です。少し背中を丸め気味の方がいいという内容もみられますし、骨盤を立てて背筋を伸ばした方がいいという情報もあって頭がごちゃごちゃになってます。

効果を感じられたもの
 とりあえず今の所試してみて効果があるなと感じられたのは、アゴを引く意識を持つことです。アゴを引いて目線を上目遣いにすると首の負担が多少は軽くなる気がします。あまり意識しすぎると逆に緊張が強くなるのでほんの少し引く程度の意識です。
 他にはグリップを小指と薬指中心で握るようにすることです。無駄に腕に力が入るのを防ぐ効果があると感じます。

 もう一つ効果があったものは、舌を上あごにつけることです。それまで舌の位置なんて気にしたことがなかったのですが、舌が上あごについた状態にあると、姿勢が安定しやすいらしいのです。実際試してみてたしかに首から頭にかけての安定感が増した感覚がありますし、配達後の緊張が和らいだと思います。

休憩中のストレッチ

 配達の大体折り返し辺りでストレッチをしています。時間のロスに感じられて最初のうちは休憩自体しっかりとってませんでしたが、これをすると緊張がとれて残りの配達がだいぶ楽になります。腕、胸、肩甲骨辺りを狙ったストレッチを主にしています。個人的には腕のストレッチが非常に効きます。まだ腕に無駄な力が入ってる証拠でしょうか?

その他

姿勢矯正ベルトをつける
 あまりこうした矯正器具にはいいイメージを持ってないのですが、乗車時の姿勢維持に役立つらしいです。もちろんつけるだけでOKというわけにはいかず、意識づけも大切になってくるとは思いますが、今後試してみる価値はあるかと思います。

早く配達できるようにする
 これをいったらそれまでかもしれませんが、早く終わらせるのが一番負担が少なくて済むはずです。まだ1時間程短縮できるそうなので、体の為にももっと早く終わらせることができるようになりたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました