停止をスムーズにする

新聞配達では何度もバイクを止めては出発を繰り返すので、停止がスムーズにできないと時間がかかるし体への負担も強くなります。ブレーキをどう使うと止めやすかったかを自分なりにメモっておきます。

フロント・リアの両方を使う
 これは当たり前のことだと思いますが、最近まで自分はほぼリアブレーキだけを使っていました。これは単純に足でかけた方が楽だからというのと、以前フロントブレーキを強くかけすぎた際に、砂利の道でカブを倒してしまいフロントを使うのが怖くなっていたからだと思います。
 しかしリアだけだとよろけやすくなり綺麗に止まりにくい気がします。またリアを強く踏むとカツンと底に当たるような音(自分のバイクだけ?)がして、バイクに負担かかってる感じがするので両方がいいのかなと。割合としてはフロント2~3割、リア7割前後といった所です。
 ベテランの方数人に聞きましたがやはりリアが中心なようで、フロントは殆ど使わないという方もいたので、その人のやり易いようにやるのが一番いいんでしょうかね?

リアブレーキはじわじわと強く
 バイクを立てる必要がある配達先では、走行中にサイドスタンドを先に出しておくことが時短に繋がりますが、スタンドを出すことに気を取られてリアブレーキを踏む力が弱まってしまうことがあり、それで止まる直前によろけることがよくあります。
 また体重を左に寄せるのが早すぎることも最後のよろけに繋がっていると思います。じわじわとリアを強く踏んでいき一瞬路上で直立させる位の気持ちで止めてから、体重を左に寄せるとスムーズに止まりやすいと感じます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました